Open Site Navigation

①複数枚を合成接続する場合には1回路15A以内に接続してください。

②電路には専用の開閉器及び漏電ブレーカーを設置してください。メインブレーカーに過電流遮断器、分岐ブレーカーに漏電ブレーカーを設置してください。

③夏季等の積雪シーズン期間以外は絶対に通電しないで下さい。

④ヒーター設置は専用回路とし制御盤のリレーは両切りにしてください。

HESTA  AI  HEATER【共通】

安全・製品に関するご注意

HESTAロードヒーター

①非露出設置専用です。露出での設置はできません。また直接物を載せたり歩行、車両乗り入れはしないで下さい。

②下地に凹凸がない状態で施工してください。

③折曲げや重ね合わせた状態での設置はしないで下さい。

④切断、スコップ等で強くたたく等、損傷を与えないで下さい。

HESTAルーフヒーター

※①~⑤【共通事項】、 ⑥~⑧【マグネット式】、 ⑨~⑫【埋込式】

①勾配屋根の軒先に設置する場合はヒーターが積雪・氷塊の滑落により剥がれ落ちないよう雪止めを設置して下さい。

②防水構造ですが常時水中での使用はしないで下さい。

③折曲げや重ね合わせた状態での設置はしないでください。

④本ヒーターを及び本ヒーターを設置した上面に物を載せたり歩かないで下さい。

⑤設置箇所は釘打ちや斧・スコップ等で強くたたかないで下さい。雪下ろしを行う場合には設置箇所を損傷しないように十分ご注意ください。

⑥【マグネット式】は鋼板等の下に入れて施工することはできず露出設置専用です。

⑦雨天時や降雪時などの施工面が濡れた状態での施工は接着が悪くなるため乾燥した状態で施工してください。

⑧電源線は積雪や氷塊の滑落による断線やツララ発生の原因になりますので軒先方向には出さないでください。

⑨【埋込式】は露出での施工はできず非露出設置専用です。

⑩上面と屋根材の間に釘やトタン屑などの異物がはいらないよう注意してください。

⑪軒先先端に使用する場合には軒先先端側のヒーター釘打部の鉄板は切り落として設置して下さい。

 切断の際にはヒーターの発熱部分を傷つけないよう十分注意してください。

⑫発熱部分に釘打ち、切断などの損傷を与えないでください。

HESTAルームヒーター

①非露出設置専用です。露出での設置はできません。

②折り曲げや重ね合わせた状態での設置はしないでください。

③発熱部分に釘打ち、切断などの損傷を与えないでください。

④長さ調節のための切断はできません。各サイズの組み合わせにより割付けをしてください。

⑤防水構造ではないため施工時の水濡れに注意をして下さい。結露や水分の多い場所での使用はできません。

⑥コントローラー(1回路分)の最大容量は200V10Aになります。消費電力は2000Wまでとなります。

HESTAヒーター制御盤

①スマートフォンでの遠隔操作の場合は制御盤設置場所にインターネット環境が必要になり別途費用が発生する場合があります。(LAN・WIFI・4Gなど)

②ネットワークカメラ設置の場合は設置場所でのインターネット環境が必要になり別途費用が発生する場合があります。(LAN・WIFIなど)

※電気工事は、電気工事店に依頼の上、行ってください。

※製品、仕様、その他記載内容につきましては予告なしに変更、改良をする場合があります。